機構からのお知らせ(平成29年4月28日)

一関高専、長岡高専の教員が、平成29年度科学技術分野の
   文部科学大臣表彰を受賞しました



 平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰において、一関高専、長岡高専の教員が、文部科学大臣表彰科学技術賞を受賞しました。

 本表彰は、文部科学省が、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者について、その功績を讃え、科学技術に携わる者の意欲の向上を図ることにより、我が国の科学技術水準の向上に寄与することを目的として行っているものです。


【受賞者】

●科学技術賞
 研究部門
  【長岡高専】 片桐裕則 教授
   業績名 希少元素を用いないCZTS薄膜太陽電池の研究
   http://www.nagaoka-ct.ac.jp/info/37376.html

 理解増進部門
  【一関高専】 秋田敏宏 准教授
   業績名 ロボット製作体験による子供たちのロボット科学への理解増進
   http://www.ichinoseki.ac.jp/office/soumu/oshirase/h290411.pdf


http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/04/1384228.htm [文部科学省ホームページ]





.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る