機構からのお知らせ(平成27年2月12日)

国立高専機構が「高専女子フォーラム」(中国地区)を開催



 国立高等専門学校機構は、平成26年度高専女子フォーラムを中国地区(平成26年12月20日(土)於:広島国際会議場 代表幹事校:呉工業高等専門学校)において開催いたしました。

 「高専女子フォーラム」は、高専女子学生の実力を社会へ向け発信することを目的としたプロジェクト「全国の高専女子学生の連携による高専女子ブランド発信」事業の一環として、平成23年度から2年間にわたり開催した「全国高専女子フォーラム」を継承したもので、平成25年度から3カ年にわたり全国8地区で開催するものです。
 高専女子学生へのキャリア教育の意識醸成や、科学技術分野における女性技術者の活躍促進について、企業と高専関係者の交流を通してともに考えることを目的としています。

 はじめに代表幹事校呉工業高等専門学校の森野校長からの挨拶があり、本フォーラムを通じて高専女子学生自身がさらに成長し、この場が企業関係者との交流が深まる機会となることを期待・激励する言葉が述べられ、フォーラムが開会されました。

 今回のフォーラムでは、中国地区8高専64名の高専女子学生による高専の教育・研究活動・学生生活についてのポスター発表が行われました。
 女子中学生・保護者を対象とした部においては、学生による発表に加え、各高専担当者による入学相談等も設けられ、中学生や保護者から「発表がとても分かりやすかった」「高専について知らなかったことが分かってよかった」「以前よりも高専へ入りたい気持ちが強くなった」と好評を得られました。
 企業を対象とした部においても、学生によるポスター発表では、日頃高専の教育で学び培ってきた実力が発揮され、企業関係者に「元気がよく、積極的」「プレゼン能力が高い」と評価していただけたほど、高専女子学生のポテンシャルの高さをアピールできました。

 また、高専女子学生や高専教員に向けて、これまでのフォーラムの中で最多となる45件の企業発表も行われ、将来女性技術者を目指す学生の活躍に対する期待や「高専女子ブランド」への関心の高さがうかがえるものとなりました。高専女子学生にとっては、企業の女性技術者の活躍や男女共同参画の取組み等について、直接話を聞くことができ、自身のキャリアを考える上で貴重な機会となりました。

 閉会式において、国立高専機構大島理事が本フォーラムで高専関係者と企業関係者が一体となって女性技術者の活躍推進について考える場を作ることができたこと、そして高専女子学生たちの今後の活躍への期待を述べ、フォーラムは幕を閉じました。

 なお、平成26年12月23日(火・祝)には、神戸において近畿地区国公私立7高専の主催で高専女子フォーラムin関西が開催され、地区高専主催の高専女子フォーラムとして今後の先駆けとなる試みとなりました。
 今後の国立高専機構主催の高専女子フォーラムは、平成27年度において、平成27年12月東北地区、平成28年3月九州沖縄地区で開催が予定されています。

高専女子フォーラムHP: http://www.kosen-k.go.jp/kosengirl/jyoshi-forum/

【写真】

※画像をクリックすると拡大します[JPG]

【中国地区】
呉高専森野校長の開会挨拶
呉高専森野校長の開会挨拶
中学生に高専の魅力を発信
中学生に高専の魅力を発信
にぎわう会場
にぎわう会場
企業へアピール
企業へアピール
企業発表を熱心に聴く学生
企業発表を熱心に聴く学生
高専機構大島理事の閉会挨拶
高専機構大島理事の閉会挨拶


【関西地区】
奈良高専谷口校長の開会挨拶
奈良高専谷口校長の開会挨拶
中学生や保護者に高専の魅力を伝える
中学生や保護者に高専の魅力を伝える
培ったプレゼン力を発揮
培ったプレゼン力を発揮
多数の発表ブースが設けられた
多数の発表ブースが設けられた
企業発表の様子
企業発表の様子
和歌山高専堀江校長による閉会挨拶
和歌山高専堀江校長による閉会挨拶

.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る