機構からのお知らせ(平成26年12月12日)

「教員グローバル人材育成力強化プログラム」研修中の教員からの活動報告です



 国立大学改革強化推進事業「三機関(長岡技術科学大学・豊橋技術科学大学・高専機構)が連携・協働した教育改革」の一環として、教員のグローバル人材育成力強化のための海外研修を実施しています。
 豊橋技術科学大学での3ヶ月間(4月~6月)の事前英語研修を経て、交流協定先のニューヨーク市立大学クイーンズ校において、さらに6ヶ月間(7月~12月)の英語研修を行い、英語での教授法等について本格的に学んでいます。
 その後は、豊橋技科大マレーシア・ペナン校を拠点とした英語実践教育(英語による授業等)を行う予定です。

 また、高専教員は、豊橋技科大およびクイーンズ校の関連分野の教授との共同研究にも取り組み、研究力向上や研究のグローバル展開を目指しています。
 平成26年度は、豊橋技科大教員1名と高専教員10名による研修がスタートしています。

 現在ニューヨークにて研修中の教員からの活動報告は、「QC便り」として豊橋技科大のHPから配信されています。以下のリンクよりご覧ください。

QC便り[外部リンク]
http://ignite.tut.ac.jp/cie/activities/fd.html



.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る