機構からのお知らせ(平成26年2月10日)

独立行政法人物質・材料研究機構と連携・協力の推進に関する協定を締結




 平成26年1月20日(月)、独立行政法人国立高等専門学校機構と独立行政法人物質・材料研究機構は、我が国の材料分野における学術・科学技術の振興並びに地域の発展に寄与する次世代の技術者並びに研究者の育成を目的として、教育研究並びに人材育成に係る包括的連携協定を締結しました。
 今回の包括連携協定の主な内容は、1.人材育成並びに人材交流、2.共同研究の促進、3.双方が保有する研究施設・設備の共同利用等であり、協定期間は平成27年度末としています。
 今後、人材育成に係る相互支援をはじめ、共同研究の推進等が活性化されることが期待されます。

 物質・材料研究機構との協定書はこちら [pdf]


※画像をクリックすると拡大します[JPG]
包括的連携協定締結式の模様
包括的連携協定締結式の模様
(左:物質・材料研究機構 潮田資勝 理事長、
右:国立高等専門学校機構 小畑秀文 理事長)




.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る