機構からのお知らせ(平成25年4月26日)

海外インターンシップ新規協力企業4社と協定書調印式を行いました -海外インターンシップ-


 平成25年度第1次日程(夏季)の実施に向けて,新規受け入れ企業として,株式会社リガク,株式会社ルネサスソリューションズ,富士ゼロックス株式会社,日本ユニシス株式会社に本プログラムへご賛同をいただき、各社において協定書調印式を行いました。

                   
 ○株式会社リガク
 X線回折・蛍光X線分析・熱分析装置等を製造・販売している同社は,米国にて,3名の学生を受入れていただくこととなりました。
 3月4日に行われた調印式では,小畑高専機構理事長から受入れを即断していただいた同社志村晶代表取締役社長に謝辞が述べられ,協定書の調印の後,高専機構本部出席者は分析センター及び工場を高専卒業生の社員とともに見学しました。
志村(株)リガク代表取締役社長,小畑高専機構理事長
(左から)志村(株)リガク代表取締役社長,小畑高専機構理事長


 ○株式会社ルネサスソリューションズ
 世界トップクラスのシェアを誇る半導体メーカーであるルネサスエレクトロニクス株式会社のグループで,ソリューション開発や応用ソフトウェア開発等を行っている同社は,シンガポール及び台湾の2か所にて学生各2名程度を受け入れていただくことになりました。
 3月25日に行われた調印式では,小畑高専機構理事長が,同社の本プログラムへの積極的な協力に対し謝辞が述べられ,また機構主催の本プログラム派遣者数を,さらに積極的に増やしていきたいとの意向を示しました。
小畑高専機構理事長,須田ルネサスソリューションズ代表取締役社長
左から)小畑高専機構理事長,須田ルネサスソリューションズ代表取締役社長


 ○富士ゼロックス株式会社
 カラー複合機/複写機、カラープリンター等の製造販売を行っている同社は,中国の深センにおいて,学生4名程度を受入れていただくことになりました。
 3月26日に行われた調印式では,木谷高専機構理事より謝辞が述べられ,また同社からは,高専生は「金の卵である」と高い期待が寄せられました。
丸山富士ゼロックス教育部部長,木谷高専機構理事
(左から)丸山富士ゼロックス教育部部長,木谷高専機構理事


 ○日本ユニシス株式会社
 クラウドやアウトソーシングなどのサービスビジネス、コンピュータシステムやネットワークシステムの販売・賃貸、ソフトウェアの開発・販売等を行っている同社は,ベトナムにて学生3名程度を受け入れていただくことになりました。
 4月24日に行われた調印式では,小畑高専機構理事長より本プログラムでは初のIT関係の研修を実施いただく同社への謝辞が述べられ,また同社からも,プログラミングが得意なベトナム人も多いので,高専生も大いに奮闘してほしいと激励していた だきました。
小畑高専機構理事長と林広報部長を囲んで関係者で記念撮影
小畑高専機構理事長と林広報部長を囲んで関係者で記念撮影


.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る