機構からのお知らせ(平成24年11月9日)

前田建設工業株式会社と海外インターンシップに関する協定を締結


 平成24年度第2次日程(来春)の実施に向けて、新規受け入れ先として前田建設工業株式会社に本プログラムのご賛同をいただき、平成24年10月25日、同社本社に於いて協定書調印式を行いました。同社は、アジア特に香港を海外事業の拠点として50年もの歴史を有し、ストーンカッターズ橋をはじめ、香港政庁関連のインフラ工事やMTR(大量輸送鉄道)の駅舎建設、香港国際空港ターミナルビルなど多くの大型工事を手掛け日本の建設会社として圧倒的な実績をもっておられます。この度同社は、グローバル人材の育成に貢献したいとして2年前から施工中の香港MTR高速鉄道工事現場において3週間、3名を受け入れていただくことになりました。

 協定書調印に先立ち、木谷機構理事より「高専機構は、グローバル人材の育成に注力しており特にアジア地域の高等教育機関と包括交流協定を締結し、学生、教職員の相互交流を促進しています。本年1月に香港のVTC(職業訓練協議会)と協定を締結した矢先に香港での受け入れを頂き大変有り難く今回のご協力に心より感謝致します。」と挨拶されました。
 一方、同社永尾取締役専務海外事業部長より「前田建設は、海外プロジェクトに携わる技術系の人材の確保がますます重要になっています。優秀な高専生のグローバル人材育成に微力ながら貢献できる機会を頂き光栄です。精一杯ご協力をしていきます」とのお言葉を頂きました。

尚平成24年度(第5回)第2次日程(来春)は来年3月に3週間、同社を含む継続企業6社 計7社6ヶ国1地域に17名の学生を派遣致します。


※画像をクリックすると拡大します[JPG]
木谷理事より謝意を表して
木谷理事より謝意を表して

 
協定書に調印する前田建設永尾専務(左)と  機構本部木谷理事
協定書に調印する前田建設永尾専務(左)と  機構本部木谷理事
 
調印を終えて左から北村人事Gマネージャー、 永尾専務、木谷理事、西本執行役員
調印を終えて左から北村人事Gマネージャー、 永尾専務、木谷理事、西本執行役員
 

.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る