機構からのお知らせ(平成24年10月4日)

イノベーション・ジャパン2012-大学見本市に出展しました。


 (独)国立高等専門学校機構では、平成24年9月27日(木)~9月28日(金)東京国際フォーラムで開催された「イノベーション・ジャパン2012-大学見本市」(主催:独立行政法人 科学技術振興機構、独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)に参加・出展しました。このイベントは、日本国内の大学等で生まれた研究成果である「知」を産業界に発信し、イノベーションを図ることを目的としています。

 9回目を迎える今年は、情報通信/ライフサイエンス/医療/装置・デバイス/ナノテクノロジー/環境保全・浄化/低炭素・エネルギー/マテリアル・リサイクル/シニアライフ(高齢社会)/防災の計10分野に、300を超える大学・研究機関等から最新のシーズが出展され、国立高等専門学校機構からは、本部および16高専による17ブースで最新の技術シーズを展示・紹介しました。

 両日とも平野文部科学大臣が視察され、高専ブースでは、北九州高専の久池井准教授の展示ブースにおいて10分程度にわたり質疑応答が交わされました。また、科学技術振興機構の展示ブースでは、高知高専の秦准教授の研究成果であるマイクロバブル技術に関し、企業との事業化が紹介されるなど国立高等専門学校における研究成果を大いにアピールできました。

【分野別出展者一覧】
ライフサイエンス分野
○沖縄工業高等専門学校 生物資源工学科 助教 嶽本 あゆみ
  「瞬間的高圧による米粉製造システムの商業生産対応について」

医療分野
○香川高等専門学校 電気情報工学科 教授 本田 道隆
  「ノイズの多い画像の線状パターン認識能向上技術」

○北九州工業高等専門学校 制御情報工学科 准教授 久池井 茂
  「ロボット制御技術を活用した医療用安全安心システム」

○米子工業高等専門学校 電気情報工学科 准教授 権田 英功
  「未病を評価する ~自己組織化マップを用いた脈波応用~」

装置・デバイス分野
○有明工業高等専門学校 機械工学科 准教授 岩本 達也
  「足場を使用しないコンクリート壁面検査ロボットの開発」

○香川高等専門学校 電子情報通信工学系 電子システム工学科 特任教授 高木 正夫
  「CMOS LSI 実装時の完全断線・半断線故障の検出方法」

○熊本高等専門学校 機械知能システム工学科 准教授 湯治 準一郎
  「ホール素子を感圧感温デバイスとして用いた触覚センサ」

○仙台高等専門学校 専攻科 生産システムデザイン工学専攻 教授 鈴木 勝彦
  「回路素子自動形成型の熱可塑性樹脂基板への埋込方式技術の開発 」

○長野工業高等専門学校 機械工学科 准教授 岡田 学
  「超音波振動の共振を利用したねじの高精度締付法」

ナノテクノロジー分野
○鶴岡工業高等専門学校 電気電子工学科 准教授 加藤 健太郎
  「LSI高信頼化のための高速オンチップ遅延測定法」

○富山高等専門学校 専攻科 助教 豊嶋 剛司
  「燃焼法による球状ペロブスカイト結晶の合成」

○長岡工業高等専門学校 電気電子システム工学科 助教 床井 良徳
  「高効率プラズマ源によるナノ粒子の作製と低コスト化技術」

環境保全・浄化分野
○東京工業高等専門学校 物質工学科 准教授 庄司 良
  「環境試料等生態毒性試験の簡便化と環境教育用教材開発」

低炭素・エネルギー分野
○呉工業高等専門学校 環境都市工学科 准教授 及川 栄作
  「電離水素水の性質と応用」

○鈴鹿工業高等専門学校 材料工学科 准教授 南部 智憲
  「高機能水素透過合金膜の設計開発」

マテリアル・リサイクル分野
○国立高等専門学校機構本部
 (一関工業高等専門学校 物質化学工学科 准教授 福村 卓也)
  「多段バイオディーゼル燃料合成プロセス」

※画像をクリックすると拡大します[JPG]
写真①
「ロボット制御技術を活用した医療用安全安心
システム」について北九州高専久池井准教授
の説明を受ける平野文部科学大臣


「マイクロバブル技術の事業化」について説明
する高知高専職員



「多段バイオディーゼル燃料合成プロセス」国立高等専門学校機構本部で来場者に説明する一関高専福村准教授


「未病を評価する ~自己組織化マップを用いた脈波応用~」で来場者に説明する米子高専権田准教授


「イノベーション・ジャパン2012」会場の様子



「イノベーション・ジャパン2012」会場の様子




.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る