機構からのお知らせ(平成24年5月10日)

台湾5大学と学術交流協定を締結


 4月25日、台湾の國立聯合大學、國立高雄第一科技大學、國立台北科技大學、中州科技大學、正修科技大學の5大学と高専機構の間で学術交流協定を締結しました。機構の包括交流協定としては、シンガポール、タイ、香港に続く4件目となります。
 すでに、木更津高専と国立聯合大學、舞鶴高専と國立高雄第一科技大學、香川高専と正修科技大學、沖縄高専と中州科技大學が交流協定を結び活発な交流活動を実施しており、台北科技大學を追加した5大学とこのたび包括協定を結ぶことになりました。
 4月25日に木更津高専が招聘した訪日団は機構本部へ来訪し、協定書調印式を執り行いました。始めに、4月に就任した小畑高専機構理事長から、今後具体的な活動を是非進めていきたいと歓迎の言葉がありました。続いて今回調印式に参加した国立聯合大學李校長、國立高雄第一科技大學陳校長、中州科技大學曾校長代行からご挨拶をいただきました。
 調印式後の歓迎会では、教育部技術及職業教育司李司長、國立台北科技大學姚校長が加わり、今後の具体的な交流の可能性について積極的に意見交換が行われました。
 翌日には、木更津高専で学内視察や学生の発表や李校長記念講演会、翌々日には東京高専を視察しました。
 一行は高専との連携に高い関心を寄せており、発展的な交流活動の可能性を今後双方にて検討していきたいとして、全日程を終了し帰国の途につきました。


PDF①
※画像をクリックすると拡大します[JPG]
集合写真①
前列左から:工藤木更津高専校長、國立高雄第一科技大學陳校長、国立聯合大學李校長、
小畑高専機構理事長、中州科技大學曾校長代行、台北駐日経済文化代表処文化組李組長
 

木更津高専にて協定書にサインする國立台北科技大學姚校長(写真中央)と
教育部技術及職業教育司李司長(中央右)
 

木更津高専にて記念植樹
 
  
李校長講演
 

東京高専視察
 


.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る