機構からのお知らせ(平成24年3月21日)

平成23年度「産学連携に関する実践セミナー」を開催しました


 平成24年3月16日(金)キャンパス・イノベーションセンター東京において、各高専コーディネーター、コーディネーターとしての資質を有する教員および産学連携担当者を対象として『産学連携に関する実践セミナー』を開催しました。
 本セミナーは、技術移転やプロジェクトの実用化に向けて必要となる技術評価・選別手法等の講義を行うことで、今後の産学連携業務における資質向上を図ることを目的としています。
 (財)全日本地域研究交流協会の講師による「産学連携におけるコーディネート活動と有効な分析手法の紹介」および「技術の選別評価法と技術移転におけるコーディネーター業務管理」についての講義後、高専-技科大連合スーパー地域産学官連携本部 近藤 孝産学官連携コーディネーターによる具体的なコーディネート事例紹介が行われました。その後のケーススタディでは、講義で紹介した技術の選別手法等を用いて事例分析をし、今後の技術移転推進に向け議論を行いました。
 日頃より地域と連携して産学連携業務に取組んでいる全国の高専から参加した産学官連携コーディネーター等から活発な意見交換がありました。今回の研修が今後の産学連携の推進の参考となることが期待されます。

(講義)「産学連携におけるコーディネート活動と有効な分析手法の紹介」
(講義)「産学連携におけるコーディネート活動と有効な分析手法の紹介」

(講義)「技術の選別評価法と技術移転におけるコーディネーター業務管理」
(講義)「技術の選別評価法と技術移転におけるコーディネーター業務管理」

(事例紹介)「コーディネート事例紹介」
(事例紹介)「コーディネート事例紹介」

.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る