機構からのお知らせ(平成24年2月6日)

平成23年度海外インターンシッププログラム第2次日程(春季)事前研修を実施しました
-海外インターンシップ-




 第1次日程として昨年8月に3社3カ国(1社9月実施)へ7名を派遣した平成23年度海外インターンシッププログラムは、第2次日程として3月に約3週間6社6カ国へ14名を派遣します。全国23校の国立高専より38名の応募者の中から選抜された派遣学生14名が一堂に会し、1月30日~31日の2日間にわたり国立オリンピック記念青少年総合センターにおいて事前研修を開催しました。
 1日目は、基調講演として、第1次日程で受け入れていただきました(株)荏原製作所の木村憲雄執行役員様を講師にお招きしました。「海外と働く」と題して海外と関わることが不可欠となりつつある日本の企業活動の中で、グローバルエンジニアとしてどうあるべきかをご講義いただきました。
 続いて、ビジネスマナー、危機管理、ネイティブ英語教員による英語コミュニケーション実習やプレゼンテーション演習、派遣経験者による報告会や交流会を行いました。参加した派遣学生は、他高専の学生とグループワーク等を通して交流し、また英語による講義・プレゼンテーションにおいても積極的に英語での質疑応答を行っていました。
 2日目に行われた受け入れ協力企業による説明会では、ご出席いただきました企業の皆様から派遣学生へ大きな期待が寄せられ、また派遣学生も現地での研修生活や受け入れ企業の概要説明に真剣に耳を傾けていました。
 閉講式では主催者を代表して木谷高専機構理事より「感謝の気持ちを忘れず、何事にも積極的に行動し研修を有意義なものにしてほしい」等、派遣学生へ激励の言葉がありました。

 事前研修を終えて、学生からは「他高専の積極的な学生から大変刺激を受けた」、「自国の歴史、派遣国の歴史を学ぶことが重要」、「実践的な英語を学ぶことができた」、「企業の方や経験者の生きた言葉を聞くことできた」などの感想が寄せられました。
 出国までに本インターンシップ中に達成すべき自分の目標と具体的な達成方法を設定して、14名の学生は3月4日、成田空港からそれぞれの派遣先企業へ出発します。

 【平成23年度海外インターンシッププログラム第2次日程(春季)】
NO 受け入れ協力企業 派遣国 派遣人数 派遣者所属高専
(株)小松製作所 インドネシア 2名 仙台、香川
新日鉄エンジニアリング(株) タイ 2名 木更津、徳山
TANAKAホールディングス(株) シンガポール 2名 鈴鹿、都城
ツネイシホールディングス(株) フィリピン 3名 鳥羽商船、香川、新居浜
東洋エンジニアリング(株) マレーシア 2名 松江、鹿児島
ヤマハ発動機(株) ベトナム 3名 沼津、鈴鹿、明石


※画像をクリックすると拡大します[JPG]
サバイバルイングリッシュ演習
サバイバルイングリッシュ演習

派遣経験者による派遣者交流会
派遣経験者による派遣者交流会

英語プレゼンテーション演習
英語プレゼンテーション演習

受け入れ協力企業による説明会
受け入れ協力企業による説明会

閉講式 木谷高専機構理事
閉講式 木谷高専機構理事

全員で記念撮影
全員で記念撮影



.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る