機構からのお知らせ(平成24年1月4日)

全国高専第22回プログラミングコンテストが開催されました。


 課題部門は香川高専(高松)、自由部門は東京高専、競技部門は久留米高専が大臣賞受賞!

 全国高等専門学校第22回プログラミングコンテスト(主催:高等専門学校連合会 主管校:舞鶴高専)が、12月22日(木)、23日(金)の2日間、舞鶴市総合文化会館を会場に開催され、今年度は、損傷したり当時の色彩を失いかけたりした文化遺産(世界遺産)の修復をモチーフにし、課題、自由、競技の3部門で実施されました。
 プロコンは、高専生が日ごろの学習成果を活かし、情報処理技術におけるアイデアと実現力を競う目的で開催されており、2日間で約1100人の来場者がありました。
 課題部門では「旅とコンピュータ」のテーマに沿った作品の20チーム、自由部門では自由なテーマで独創的な作品の20チーム、競技部門は「よみがえれ、世界遺産」と題して60チームが本選に進み、プログラミング技術を競い合いました。
 熱戦が展開された結果、課題部門では香川高専(高松)の「スマートアンブレラ」が、自由部門では東京高専の「All Lights!-可視光通信による省電力照明システム-」が、競技部門では久留米高専の「IkannnoI Mk-II-この前のうどん美味しかったね-」がそれぞれ文部科学大臣賞を受賞しました。
 また、プロコンの国際化への取り組みの一環として同時に開催された、第3回NAPROCK国際プログラミングコンテストでは、ベトナム、中国、モンゴル、タイ、台湾から6チームが参加して競い合った結果、課題部門で香川高専(高松)がGrand Prize、自由部門で東京高専がGrand Prize、競技部門では久留米高専がChampionを受賞したほか、海外の1チームがFirst Runner-up Prize、5チームが Special Prizeを受賞しました。
 なお、本選の様子や結果の詳細はhttp://www.procon.gr.jp/ [外部リンク]で閲覧できます。

※画像をクリックすると拡大します[JPG]
赤坂 連合会会長開会挨拶
赤坂 連合会会長開会挨拶

太田 舞鶴高専校長開会挨拶
太田 舞鶴高専校長開会挨拶

文科省 内藤専門教育課長来賓挨拶
文科省 内藤専門教育課長来賓挨拶

自由部門の様子
自由部門の様子

課題部門の様子
課題部門の様子

競技部門の様子
競技部門の様子

競技部門最優秀賞の久留米高専
競技部門最優秀賞の久留米高専

課題部門最優秀賞の香川高専(高松)
課題部門最優秀賞の香川高専(高松)

自由部門最優秀賞の東京高専
自由部門最優秀賞の東京高専



.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る