機構からのお知らせ(平成23年12月7日)

アグリビジネス創出フェアに出展しました


 (独)国立高等専門学校機構本部は、平成23年11月30日(水)~12月2日(金)幕張メッセ(展示ホール6)において開催された「アグリビジネス創出フェア2011」(主催:農林水産省、後援:文部科学省他)に、国立4高専の研究成果を出展しました。
 「アグリビジネス創出フェア」では、毎年、農林水産・食品産業分野における研究機関等の最先端技術シーズや研究開発成果の実用化を支援する展示及びプレゼンテーションが行われます。
 今年のフェアの特徴は、例年の基調講演やセミナーなどのプログラムに加え、震災復興のテーマが多数用意されたところにあります。
 機構本部からは、全国51高専のうち、食品分野に一関高専の「キチン単糖誘導体の製造方法および製造装置」と松江高専の「食品の解凍・冷蔵保存方法および装置」、環境分野に仙台高専の「環境・熱エネルギー制御システム」と阿南高専の「竹繊維材製造機、竹繊維材の製造方法、及び竹繊維材」の国立4高専の研究成果を展示しました。
 また、沖縄高専が「米粉の低コスト製造を可能とする瞬間的高圧処理システムの実用化研究」と題して他大学と共同展示を行いました。
 これらの展示に対し、多くの来場者から研究内容に強い関心が示され、今後の共同研究並びに商品化などに向けて期待が寄せられるところです。
 国立高等専門学校機構本部では、新たなアグリビジネスの創出及び産学官連携活動に向け、様々な機会を捉えて全国に情報発信していきたいと考えています。

【アグリビジネス創出フェア】国立高専の展示一覧
食品分野
○国立高等専門学校機構本部
※(一関工業高等専門学校 物質化学工学科 准教授 長田 光正)
  「キチン単糖誘導体の製造方法および製造装置」

※(松江工業高等専門学校 電気工学科 准教授 箕田 充志)
  「食品の解凍・冷蔵保存方法および装置」

○熊本大学・沖縄工業高等専門学校
 (沖縄工業高等専門学校 校長 伊東 繁)
  「米粉の低コスト製造を可能とする瞬間的高圧処理システムの実用化研究」

環境分野
○国立高等専門学校機構本部
※(仙台高等専門学校 地域イノベーション名取センター 教授 内海 康雄)
  「環境・熱エネルギー制御システム」

※(阿南工業高等専門学校 機械工学科 教授 西岡 守)
  「竹繊維材製造機、竹繊維材の製造方法、及び竹繊維材」

※画像をクリックすると拡大します[JPG]
一関高専、長田准教授の「三陸水産系資源(サンマ鱗、スルメイカ軟骨等)からN-アセチルグルコサミンを抽出する技術について」の解説に聞き入る企業関係者
一関高専、長田准教授の「三陸水産系資源(サンマ鱗、スルメイカ軟骨等)からN-アセチルグルコサミンを抽出する技術について」の解説に聞き入る企業関係者

高電圧を印加することにより肉・魚類を冷凍するようにした「高電圧を用いた電界冷蔵庫」の説明をする松江高専、箕田准教授
高電圧を印加することにより肉・魚類を冷凍するようにした「高電圧を用いた電界冷蔵庫」の説明をする松江高専、箕田准教授


「建物エネルギー管理システム」について解説をする仙台高専、内海教授
「建物エネルギー管理システム」について解説
をする仙台高専、内海教授


竹のもつ特性を応用して竹からエコ未来を創り出す「竹繊維作製装置、竹繊維の応用」の説明をする阿南高専、鶴羽特命教授
竹のもつ特性を応用して竹からエコ未来を創り出す「竹繊維作製装置、竹繊維の応用」の説明をする阿南高専、鶴羽特命教授

加熱も、水浸・乾燥も不要な「米粉の低コスト製造を可能とする瞬間的高圧処理システムの実用化研究」を説明する沖縄高専関係者
加熱も、水浸・乾燥も不要な「米粉の低コスト製造を可能とする瞬間的高圧処理システムの実用化研究」を説明する沖縄高専関係者


「アグリビジネス創出フェア2011」会場の様子
「アグリビジネス創出フェア2011」会場の様子






.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る