機構からのお知らせ(平成23年11月8日)

マラ工科大学国際教育カレッジ(INTEC)
       ファジア・ノルディン学長一行が来訪



 11月2日マラ工科大学国際教育カレッジ(INTEC)の一行が,本機構に来訪し,今後の両者間での協力体制を中心に話し合いを行った。
 本機構で受け入れている留学生の約半数近くがマレーシア政府派遣留学生であり,2年間のINTECでの予備教育を経て,本機構の3年次に編入学する仕組みになっている。
 この度の話し合いでは,今後,両者間の更なる関係強化を図るため,INTECの母体であるマラ工科大学と本機構間における包括協定の締結,学生の質の向上に向けたINTECのカリキュラムの改善,協力体制を強化・サポートするためのサテライトオフィスの設置等について議論を重ねた。
 その結果,双方,各事項について基本合意し,今後,具体的に話を進めることを確認した。

 なお,この度の一行の来日の主目的は八戸高専において開催された『「低学年生」からの国際的技術者養成-日本とマレーシア-』へ出席するためであり,今後も両者間における相互交流を活発に行うため,国際シンポジウム等を中心に交流を深める予定である。

 【八戸高専:「低学年生」からの国際的技術者養成-日本とマレーシア-のページはこちら】
 http://www.hachinohe-ct.ac.jp/~guser/nichima/nichima_symp.htm[八戸高専HP]


【高専機構】
【高専機構】
 左手前より 木谷理事,京兼理事,三好国際交流室長
 
【マラ工科大学国際交流カレッジ】
【マラ工科大学国際交流カレッジ】
 左手前より ハッサン氏,ファジアINTEC学長,
         カメリア氏,ジャスミン氏,片山先生
.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る