機構からのお知らせ(平成23年7月14日)

海外インターンシッププログラム事前研修・研修成果報告会を実施しました。



平成23年度第4回海外インターンシッププログラム
第1次日程(夏季)事前研修の実施


 今年で第4回目となる平成23年度海外インターンシッププログラムは、26高専34名の応募があり7名が選抜され3社3カ国へ夏季休業期間中に派遣されることとなりました。7月10日~11日には派遣決定者を対象に「事前研修」が国立オリンピック記念青少年総合センターを会場に開催されました。
 国際的な実践的技術者の養成を目的とした本プログラムは、ご協力企業の海外事業所にて約3週間の就業実習を行うもので、事前研修では「国際的リーダーの育成」や「危機管理・自己管理」「英語コミュニケーション」「異文化コミュニケーション」などの講義・演習のほか、英語によるプレゼンテーションを派遣先ごとに行いました。
 事前研修2日目には、企業各社にご参加いただき現地研修プログラムを中心に学生に対し直接ご指導をいただきました。
 研修後、学生からは「きちんとあいさつをする、人の話を聞くときメモをとることの大切さを認識した」「他の高専からの学生と交流することで大変刺激を受けた」「事前研修で学んだことは海外インターンシップで活かすだけでなく普段から活かし自分の力にしたい」等の声が寄せられました。

○平成23年度第4回海外インターンシッププログラム第1次日程(夏季)派遣者
 (株)荏原製作所(アメリカ)  茨城、宇部、久留米 高専専攻科
 (株)カネカ(マレーシア)    福井、熊本 高専専攻科
 大成建設(株)(トルコ)     仙台、明石 高専専攻科

※画像をクリックすると拡大します[JPG]
平成23年度第1次日程(夏季)派遣学生と事前研修担当教員
平成23年度第1次日程(夏季)派遣学生と事前研修担当教員
(前列中央:木谷雅人理事)

危機管理演習
危機管理演習
英語コミュニケーション演習
英語コミュニケーション演習
 
英語プレゼン演習
英語プレゼン演習


平成22年度海外インターンシッププログラム報告会の実施


 機構主催の平成22年度海外インターンシッププログラムの研修成果報告会が、平成23年7月11日に三井物産本店において実施されました。 本報告会は、平成22年12月と23年3月に8社6カ国に派遣した学生により受け入れ企業向けに実施したものです。
 会場には、22年度受け入れ企業8社及び23年度第1次日程(夏季)受け入れ新規企業2社の関係者の方々、会場のご提供を始め全面的にご協力いただいた三井物産関係者が参加され、派遣者である大成建設チーム(トルコ)、コマツチーム(インドネシア)、新日鉄エンジニアリングチーム(タイ)、ツネイシホールディングスチーム(フィリピン)、東洋エンジニアリングチーム(マレーシア)、森精機製作所チーム(スイス)、トヨタ自動車チーム(タイ)、ヤマハ発動機チーム(タイ)の8チームが「国際的技術者とは」「海外における日本の企業」「社会人とは」等、現地で学んだことを個性豊かに発表していました。
 また今年度夏季に派遣される学生からは具体的経験談を質問する場面も見られました。
 発表会終了後の情報交換会では、派遣先企業ご担当者にお話をうかがうことができ、また高専を超えた学生同士で交流を深めることができました。本プログラムは、機構本部のスケールメリットを活かした注目される事業へと更に充実を図ってまいります。

※画像をクリックすると拡大します[JPG]
発表会終了後に派遣者、受入企業関係者、機構関係者との記念撮影
発表会終了後に派遣者、受入企業関係者、機構関係者との記念撮影

発表をする派遣学生(1)
発表をする派遣学生(1)
発表をする派遣学生(2)
発表をする派遣学生(2)


.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る