機構からのお知らせ(平成23年3月28日)

海外インターンシップ帰国学生、高専機構理事を表敬訪問



 国立高専機構主催の海外インターンシッププログラムで第1次派遣(平成22年12月25日~23年1月15日)の大成建設(株)・トルコでの研修が無事終了し、派遣学生3名の希望により、大成建設(株)東京本社への報告のために上京した機会に、平成23年3月11日(金)、派遣学生3名が高専機構田町に木谷理事を表敬訪問しました。

 3名の学生は、木谷理事からの質問に対しボスポラス海峡横断鉄道トンネル建設工事現場での研修の様子や、トルコでの生活、現地スタッフとのコミュニケーション等現場での苦労や学んだこと等を語り、懇談はなごやかに行われました。

 上記懇談の後、お世話になった大成建設(株)・東京本社へ報告のための移動中、山手線車内で東北地方太平洋沖地震に遭遇し、残念ながら中止となりました。幸い3名は翌日無事帰路につきました。


※画像をクリックすると拡大します[JPG]
集合写真①
木谷理事(左から3人目)を囲んで
(木谷理事の左:呉高専専攻科2年佐藤君、右:徳山高専専攻科1年濱崎君、苫小牧高専5年本内君)
 
懇談の様子


.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る