機構からのお知らせ(平成22年10月15日)

イノベーション・ジャパン2010-大学見本市に出展しました。


 9月29日(水)~10月1日(金)東京国際フォーラムで開催された国内大学の最先端技術シーズと産業界のマッチングイベントである 「イノベーション・ジャパン2010-大学見本市」(主催:独立行政法人 科学技術振興機構、独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構) に出展しました。
 7回目を迎える今年は、環境/新エネルギー・省エネルギー/ナノテクノロジー/アグリ・バイオ/医療・健康/材料/ものづくり/ITの計8分野から 350を超える大学・研究機関等の最先端のシーズが展示されており、国立高等専門学校機構本部と14高専による20ブースで技術シーズを 紹介しました。
 また、イベント内で開催された新技術説明会では、函館・富山(3件)、呉、高知、有明の5高専から7件のプレゼンテーションを行いました。
 各ブースとも多くの企業においでいただき、本イベントをきっかけとした産業界とのマッチングが期待されます。


 環境分野 
○ 国立高等専門学校機構本部(一関工業高等専門学校 戸谷 一英)
  「高効率な配糖体の製造方法」
○ 仙台高等専門学校 羽賀 浩一
  「自然エネルギーを用いた海水の淡水化装置の開発(Ⅱ)」
○ 富山高等専門学校 袋布 昌幹
  「建設廃棄物リサイクルに貢献できるエコシステムの提案」
○ 富山高等専門学校 間中 淳
  「誰でも、一目で、明確に、新環境モニタリング技術」
○ 国立高等専門学校機構本部(鹿児島工業高等専門学校 前野 祐二)
  「各種廃棄物焼却灰を原料とした低負荷型混合セメント・コンクリートの開発」

 新エネルギー・省エネルギー分野 
○ 群馬工業高等専門学校 藤野正家
 「低コスト色素増感太陽電池の開発-金属基板と炭素材料による低コスト化-」
○ 富山高等専門学校 山本桂一郎
 「長く明るく光る蓄光成形品の成形条件の最適化」
○ 長野工業高等専門学校 畠 俊郎
 「微生物触媒法による使用済植物油のBDF化技術」

 医療・健康分野 
○ 群馬工業高等専門学校 宮越 俊一
 「微生物変換の新たな展開」
○ 呉工業高等専門学校 岩本 英久
 「ワンアクションで機器を固定する冶具」
○ 香川高等専門学校 三崎 幸典
 「近赤外を用いた無散瞳眼底カメラの開発」
○ 高知工業高等専門学校 戸部 広康
 「ビールホップ成分イソフムロンの認知症治療への応用」
○ 有明工業高等専門学校 柳原 聖
 「反射と動的握力から評価する高齢者の転倒回避能力評価法」

 ものづくり分野 
○ 津山工業高等専門学校 西尾 公裕
 「生体の視覚システムに基づく動画像処理用CMOS電子回路」
○ 徳山工業高等専門学校 重村 哲至
 「車両の特徴点の通過検知を用いた移動車両の地上制御装置および地上制御方法」

 IT分野 
○ 函館工業高等専門学校 高田 明雄
 「物理乱数発生のためのPLL広帯域ホワイトノイズ発生器」
○ 広島商船高等専門学校 寺田 大介
 「粒子フィルタによる船舶の位置推定」
○ 徳山工業高等専門学校 原田 徳彦
 「プラスチック光ファイバを用いた絶縁型制御スイッチモジュール」
○ 北九州工業高等専門学校 久池井 茂
 「RIMを活用した医療向け安全安心システム」
○ 熊本高等専門学校 小山 善文
 「弱視者の確認動作を補助する自立型電子メガネ」




※画像をクリックすると拡大します[JPG]
イノベーション・ジャパン会場様子①
「弱視者の確認動作を補助する自立型電子メガネ」(熊本高専)で取材を受ける学生



「高効率な配糖体の製造方法」国立高等専門学校機構本部(一関高専)で質問する来場者に対応する教員


「長く明るく光る蓄光成形品の成形条件の最適化」(富山高専)に興味を示し、ポスター展示を熱心に見る来場者


「ワンアクションで機器を固定する冶具」(呉高専)で展示物を紹介する教員



「RIMを活用した医療向け安全安心システム」(北九州高専)で来場者に説明する学生
 



.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る