機構からのお知らせ(平成22年7月23日)

高度IT人材育成事業
第3回「ITリーダー育成キャンプ」を実施



 国立高専機構では、マイクロソフト株式会社と連携し、平成22年7月17日から19日までの3日間、大学セミナーハウス(東京都八王子市)と マイクロソフト社(東京都渋谷区)で、第3回高度IT人材育成事業「ITリーダー育成キャンプ」を実施しました。 本事業は、IT技術者のリーダーとして必要とされるスキルを総合的に習得し、世界に通用する高度IT技術者を育成しようとするもので、 実践的な技術及びコミュニケーションスキル、チームマネジメント能力等、国際的に活躍できる能力の向上を目指します。
 高専教員やマイクロソフト社員等による講義・演習だけでなく、世界大会2年連続出場(今年度は世界10位入賞)の東京高専の学生による 情報提供等を踏まえ、充実した集中キャンプとなりました。国立高専全体(専攻科を含む)から選抜された18名のチームリーダーは、 講義内容や獲得スキルに満足するとともに、「今後、後輩達にも参加させたい」、イマジンカップ世界大会にも「是非チャレンジしたい」、 といった感想でした。
 選抜18チームに対し、今後半年間、高専教員やマイクロソフト社員等によるプログラミング指導等のフォローが続くこととなります。

※画像をクリックすると拡大します

学生の能動的な演習風景
学生の能動的な演習風景
最終日:学生の成果発表
最終日:学生の成果発表

マイクロソフト社にて記念撮影
マイクロソフト社にて記念撮影



.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る