機構よりお知らせ(平成22年5月17日)

「高専ロボコン2009」優勝ロボットとロボコン大賞ロボットが「トルコ全
     国学生ロボットコンテスト」に参加し、デモンストレーションを披露!




 5月6日、7日、トルコ国アンカラにおいて開催された「トルコ全国学生ロボットコンテスト」に昨年の11月に開催された「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2009全国大会」において優勝した香川高専チームとロボコン大賞を受賞した広島商船高専チームが参加し、デモンストレーションを披露しました。コンテストには玉井文化庁長官、田中在トルコ日本大使も列席され、高専チームのデモンストレーションを熱心に応援してくださいました。
 2足歩行しつつ、シンクロスピンなどの様々な技を披露する高専チームロボットにトルコの学生達から惜しみない拍手が贈られ、特に広島商船高専チームのシンデレラロボットが宙返りするユニークな荒技にはトルコの学生達も思わず身を乗り出して驚いていました。
 今回の「トルコ全国学生ロボットコンテスト」への参加はトルコ政府からの招待によるものであり、高専機構がトルコにおけるJICAプロジェクト「トルコ国自動制御技術教育普及計画」を平成19年度から実施して、自動制御技術教育に係る教育課程の編成に係る援助を行うためにトルコへ教員を派遣して交流を深めてきたことがきっかけとなったものです。
 今年(2010年)は日本とトルコの今日の友好関係の原点といえる「エルトゥールル号遭難事件(和歌山県熊野沖)」から120年目にあたり、トルコでは「トルコにおける日本年」として、日本文化への理解を深め、日本との交流を深めるための行事が開催されており、この「トルコ全国学生ロボットコンテスト」もその一つに位置づけられています。
 広島商船高専チームのシンデレラ・王子ロボットはデモンストレーション終了後、ロボット贈呈式を経てトルコ政府に寄贈され、日本とトルコの友好の証として親善大使の任に就くこととなりました。
 派遣された学生はトルコの学生からロボットに関する質問を受けたり、記念撮影を求められたりと八面六臂の大活躍で、日本・トルコの新たな友好関係の礎となることが期待されます。
 機構では、平成22年度中にJICAプロジェクト「トルコ国自動制御技術教育普及計画」の一環としてトルコから研修生を受け入れる予定としており、引き続き交流を深めてまいります。

【トルコ全国学生ロボットコンテスト】
 1.主催 トルコ国民教育省、JICAトルコ事務所
 2.日時 平成22年5月6日~7日
 3.会場 トルコ国アンカラ市内(Ahmet Taner Kislali Sports Hall)
 4.派遣チーム
     優勝チーム/香川高専チーム「SKY」
     ロボコン大賞チーム/広島商船高専チーム「新!!シンデレラの巻」


○写真1 香川高専チーム「SKY」のデモンストレーション
写真1

○写真2 広島商船高専チーム「新!!シンデレラの巻」のデモンストレーション
写真2

○写真3 会場のトルコの皆さんへの御挨拶
写真3

○写真4 トルコの学生にロボットの機構を説明
写真4

○写真5 応援いただいた玉井文化庁長官を囲んで
写真5

○写真6 トルコホームステイ先の皆さんとの記念撮影
写真6

.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る