機構よりお知らせ(平成21年9月18日)

高度IT人材育成事業
    第2回 ITリーダー育成キャンプの実施について




 国立高等専門学校機構は,マイクロソフト株式会社と連携し,高度IT人材育成事業「ITリーダー育成キャンプ」を行います。
 昨年に引き続き2回目の実施となる本事業は,IT技術者のリーダーとして必要とされるスキルを総合的に習得し,世界に通用する高度IT技術者を育成しようとするもので,実践的な技術およびコミュニケーションスキル,チームマネジメント能力等,国際的に活躍できる能力の向上を目指します。
 受講対象は全国立高専学生(専攻科生を含む)で,公募の上,決定します。(平成21年度受付締切:11月6日

 昨年度の第1回キャンプは,全国から選抜された21人に対し,①市場ニーズの把握,②ニーズの分析,③問題分析と解決,④プレゼンテーション,⑤リーダーシップ,⑥コミュニケーションスキルなど,利用者視点に立った優れた作品を制作する上で必要な知識と,社会に出た時のリーダーとしてのスキル向上を目指しました。他高専のトップレベルの学生や,世界規模のコンテストImagine Cup※世界大会出場の大学生との交流を通じ,人脈形成や高専間ネットワークの構築なども実施されました。

 今年度,受講申請はチーム単位で行い,12月24日~26日の3日間のキャンプには,チームリーダーが参加することとします。ここでは,①システム開発の工程とそのプロセスの改善等,②プロジェクトマネジメントに必要な基礎的知識と技術,③チームマネジメント,④ロジカルコミュニケーション・プレゼンテーションスキル,⑤ビジネスモデルの考え方等を実践的に学ぶことを予定しています。受講者は,キャンプで得られた「IT技術者のリーダーとしての種」を自分自身のものとするだけでなく,所属学校に持ち帰りチームで共有し,更にクラス・学校へとアウトプットを拡大する実践の深化が期待されます。


 ※Imagine Cup:ITテクノロジーを競う,学生を対象とした世界的コンテスト(マイクロソフト社主催)。2009年エジプト大会は世界中の国から 20 万人以上の学生が参加。
 



   → ITリーダー育成キャンプ 受講学生募集ページ

   → 昨年度のITリーダー育成キャンプ(機構よりお知らせ)




.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る