機構よりお知らせ(平成21年6月26日)

沖縄高専内に「留学生交流促進センター」開所

―同時に「留学生・国際交流担当教員研究集会」開催―

※画像をクリックすると拡大します[JPG]
除幕をする関係者
除幕をする関係者(向かって左から吉川准教授、糸村センター長、木谷理事、冷水理事)


 独立行政法人国立高等専門学校機構は、沖縄工業高等専門学校内に留学生交流促進センターを設置し、 初の事業となる「留学生・国際交流担当教員研究集会」を6月20日(土)・21日(日)の2日間にわ たり開催した。
 研究集会には沖縄工業高等専門学校メディア棟視聴覚ホールをメイン会場に、留学生・国際交流担当 教員のスキルアップ、ネットワークの整備を目的として、全国高専から100余名(事例発表者の専攻 科学生3名を含む。)が参加した。20日(土)は、文部科学省高等教育局 大学改革官 学生・留学生 課江﨑留学生交流室長及び機構本部の木谷理事による講演、加藤仙台電波高等専門学校教授ら高専教員 による事例発表が行われ、翌21日(日)には引き続き、高専教員及び学生による事例発表が行われた。 両日とも質疑応答、情報交換会で活発な議論がなされた。
 また、20日(土)には研究集会に先立ってセンターの開所式が行われた。機構本部から木谷理事・ 冷水理事が出席し、留学生交流促進センター運営専門委員らが見守る中、センター長の糸村校長・吉川 准教授とともに、「留学生交流促進センター」銘板の除幕が行われた。



留学生交流促進センター開所式の挨拶を行う糸村センター長
留学生交流促進センター開所式の挨拶を行う糸村センター長

江﨑留学生交流室長の講演に聴き入る参加者
江﨑留学生交流室長の講演に聴き入る参加者

講演を行う機構 木谷理事
講演を行う機構 木谷理事

事例発表を行う仙台電波高専 加藤教授
事例発表を行う仙台電波高専 加藤教授

事例発表を行う沖縄高専 タンスリヤボン・スリヨン准教授
事例発表を行う沖縄高専 タンスリヤボン・スリヨン准教授

発表を行う平成20年度海外インターンシップ参加者
発表を行う平成20年度海外インターンシップ参加者




.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る