機構よりお知らせ(平成20年11月25日)

優勝は沖縄高専,ロボコン大賞には津山高専が輝く

  =アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2008
     全国大会開催・テーマは『ROBO-EVOLUTION 生命大進化』=
  ~21年目、多足歩行から 2足歩行への“進化”、人間により近づいたロボットに~


 11月23日、東京の両国国技館で高専ロボコン2008全国大会が開催されました。

 21年目になる今年の高専ロボコンは「ROBO-EVOLUTION 生命大進化」をテーマに、3分の競技時間で多足歩行から 二足歩行への“進化”の表現が求められました。

 大会の結果、沖縄高専が開校5年目にして見事初優勝に輝き、全国124チームの頂点に立つとともに、最高の栄誉 であるロボコン大賞は、“進化”のパフォーマンスで観客からの圧倒的な支持を集めた津山高専が受賞しました。

 表彰式には塩谷 立文部科学大臣から、すばらしい大会であり、改めて高い技術力と独創的なアイデアとそれに取り 組む熱意を感じ、心から感謝申し上げますとの、温かい感謝の言葉を頂きました。

 この大会の模様は、12月30日(火)午後9時15分からNHK総合テレビで放映されます。


   各賞受賞校は次のとおり
     優勝  沖縄高専 Movement
     準優勝  小山高専 Iroha Liver
     アイデア賞  鹿児島高専 篤姫と機械な仲間たち
     技術賞  岐阜高専 ZiN
     デザイン賞  大分高専 祭だぱっちん号
     生命大進化賞  阿南高専 ACE
     特別賞(本田技研工業(株))  阿南高専 ACE
     特別賞(電気事業連合会)  宮城高専 Powell
     特別賞(マブチモーター(株))  岐阜高専 ZiN
     特別賞((株)安川電機)  鹿児島高専 篤姫と機械な仲間たち
     特別賞(東京エレクトロン FE株式会社)  津山高専 キカイタイソウ
     ロボコン大賞  津山高専 キカイタイソウ


※画像をクリックすると拡大します[JPG]
「高い技術力と独創的なアイデアに感動した。」と挨拶する塩谷文部科学大臣
「高い技術力と独創的なアイデアに感動した。」と挨拶する塩谷文部科学大臣
塩谷文部科学大臣から表彰状を受ける初優勝の沖縄高専生
塩谷文部科学大臣から表彰状を受ける初優勝の沖縄高専生


沖縄高専のロボットMovementが恐竜(ティーレックス)を孵化(左が卵で右が恐竜)する瞬間
沖縄高専のロボットMovementが恐竜(ティーレックス)を孵化(左が卵で右が恐竜)する瞬間
ゴールゾーンに向かって疾走する恐竜ティーレックス(沖縄高専Movement)
ゴールゾーンに向かって疾走する恐竜ティーレックス(沖縄高専Movement)


「キカイタイソウ」1
「キカイタイソウ」2
観客から圧倒的な支持を集め、ウルトラCのパフォーマンスでロボコン大賞を受賞した津山高専「キカイタイソウ」の“逆立ち”と“大車輪”



初優勝を決めた瞬間、指を立てて喜ぶの沖縄高専チーム
初優勝を決めた瞬間、指を立てて喜ぶの沖縄高専チーム
初優勝を決めた瞬間、舞い散るテープのなか抱き合って喜ぶ沖縄高専チーム
初優勝を決めた瞬間、舞い散るテープのなか抱き合って喜ぶ沖縄高専チーム


応援に熱が入る小山、沖縄両高専応援団1
応援に熱が入る小山、沖縄両高専応援団2
応援に熱が入る小山、沖縄両高専応援団



篤姫と機械な仲間たち
豪華絢爛の駕籠から降りゴールゾーンに向かう今年話題の篤姫(アイデア賞受賞の鹿児島高専 「篤姫と機械な仲間たち」)
祭だぱっちん号
ゴールゾーンに向かう、かわいい容姿の「めじろんロボット」(デザイン賞受賞の大分高専 「祭だぱっちん号」)


.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る