機構よりお知らせ(平成20年11月17日)

国立高専機構にエジプト国家教育の質保証・認定機関(NAQAAE)総裁が訪問

※画像をクリックすると拡大します[JPG]
高専教育について質問するNAQAAE マグディ総裁一行
高専教育について質問する
NAQAAE マグディ総裁一行
握手を交わす河野理事長とマグディ総裁
握手を交わす
河野理事長とマグディ総裁


 エジプト国家教育の質保証・認定機関(NAQAAE)のマグディ総裁一行が11月11日、国立高専機構を訪問した。 マグディー総裁一行は11月9日から11月15日にかけて日本に滞在し、日本における高等教育・技術教育・教育機関許認可の 各制度を理解することを目的としており、国立高専機構には技術教育機関としての高専の概要、運営体制、評価制度、学生に対する 資格付与の仕組みを学ぶために訪れた。

 河野理事長からは高専教育の概要や特徴が紹介され、木谷理事からは高専教育制度等について詳細な説明が行われた。 学生活動紹介の一環として放映した高専ロボコンに一行は興味津々であり、課題をクリアする高専学生の技術力に感嘆の面持ちを浮かべていた。

 終始和やかな雰囲気の中で大学教育と高専教育の違いや教育機関としての自己評価、留学生の受け入れ等についての質疑応答が行われた後、 マグディ総裁から今回の成果について、エジプトにおける教育の参考としたい旨の発言があり、締めくくられた。



.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る