• ホーム
  • 中学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・一般の方へ

情報

留学生・国際交流


インドネシア国立ポリテクニク協会との協定を締結しました

 2018年12月3日インドネシアのマラン市にあるマランポリテクニクにて、高専機構は、インドネシア国立ポリテクニク協会(インドネシア語名称: Forum Direktur Politeknik Negeri Se Indonesia)と相互交流に関する協定を締結しました。

 インドネシアのポリテクニクは、高校卒業以降の専門的職業教育を行う高等教育機関として位置づけられています。インドネシアには全国に126校のポリテクニクがあり、その内国立ポリテクニク43校を束ねる国立ポリテクニク協会が、今回の協定先となります。ポリテクニクの教育プログラムは、3年間の技術教育プログラム、4年間の学士課程技術教育プログラム、及び2年間の修士課程プログラムの3種類があり、学科としては、機械工学、電気電子工学、情報工学、マルティメディア等が主となっています。

 今回の協定により、高専機構は、国立ポリテクニクと以下のような教員及び学生レベルでの交流を推進し、高専のグローバル化を促進していきます。

1) 日本の高専にてポリテクニク教員の受入研修の実施
2) 日本の高専教員による現地ポリテクニクでのモデル授業の実施
3) 学生の相互交流(短期留学、インターンシップ等)


 




調印式(国立ポリテクニク協会会長(左)と
高橋執行調整役(右))

高専教育について講演する
高橋執行調整役




.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る