• ホーム
  • 中学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・一般の方へ

情報

留学生・国際交流


タイ教育大臣が東京高専、仙台高専を訪問

 2018年5月17・18日、タイ王国のティラギアート教育大臣を始めとするタイ教育省関係者ら12名の訪問団が東京高専ならびに仙台高専を訪問しました。今回の訪問の目的は、日本の高専現場の視察を通じて、高専教育の実態(職業教育でなく高等教育であること)を教育省幹部で共有し、タイの技術教育の高度化の参考とすることでした。タイでは、本年度より2つの高専コースをテクニカルカレッジに開講し、高専教育に高い関心が寄せられています。

 17日の東京高専では、高専機構より谷口理事長の挨拶、高専紹介ビデオ上映、新保校長から東京高専の概要説明を行いました。質疑応答では、高専モデルのタイへの導入・展開に関する具体的かつ多岐にわたる質問が出され、タイにおけるKOSENの本格的な始動に向けた意気込みが感じられました。その後、学内視察を実施し、数学やコンピュータプログラミングの授業・実習およびロボット工学研究室での学生による説明とデモンストレーションを視察しました。
 18日の仙台高専では、授業・実習の視察と専攻科1年生による研究実績の説明を行い、訪問団の皆様に、高専教育が地域によるばらつきがなく、どの高専でも質の高い技術者教育を行っていることをご理解いただけたと感じています。

 



集合写真(東京高専) 『ロボット研究室』での
説明とデモンストレーション(東京高専)




教育大臣から福村校長へ
記念品贈呈(仙台高専)
教育大臣一行との意見交換
(仙台高専)


.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る