• ホーム
  • 中学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・一般の方へ

情報

留学生・国際交流


タイ高専コースの開講式兼入学式が開催されました

 2018年5月3日(木)に、タイ高専コースの開講式兼入学式が、タイ教育省(バンコク市)にて執り行われました。式典は職業教育局長のDr. Suthep Chittayawongが主催し、高専機構の谷口理事長が主賓として招かれ、スピーチを行いました。また、来賓として在タイ日本国大使館、国際協力機構、日本学術振興会、日本学生支援機構、国際交流基金、バンコク日本人商工会議所等の関係者が出席し、盛大な式典となりました。

 タイ高専コースは、タイにあるテクニカルカレッジのうち、スラナリ校にメカトロニクスコース、チョンブリ校にエレクトロニクスコースが設置され、5年一貫の高専型教育が行われます。両コースともに本年1月に高専機構の支援の下で入学試験を実施し、5~7倍の競争を突破した20名ずつ、計40名の第一期生が入学しました。

 高専機構は、高専コース開講に向けて、昨年度より両テクニカルカレッジの教員に対し、専門科目や実習実験の教授法、学校運営方法等に関する研修を実施してきました。今後とも、タイ高専コースの教育の質を向上させるため、継続して支援を行っていきます。

 




スピーチをする谷口理事長

記念撮影(新入生)





地元メディアのインタビューに
答える職業教育局長と谷口理事長

記念撮影(来賓)


.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る