• ホーム
  • 中学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・一般の方へ

情報

留学生・国際交流


タイ王国 スラナリテクニカルカレッジにて教員研修実施

 2018年3月4日(月)から9日(金)までの5日間、高専機構は、熊本高専の制御情報システム工学科 藤本信一郎教授を講師とし、タイ王国 スラナリテクニカルカレッジにて、教員研修『Computer Programme 2』を実施しました。
 タイでは、2018年5月、5年制の高専コースを、教育省職業教育局(OVEC)管轄のチョンブリテクニカルカレッジ(エレクトロニクスコース)および、スラナリテクニカルカレッジ(メカトロニクスコース)に新設予定であり、今回の研修では、この2つのコースの教員を対象としています。
 本研修は9月に行われた高専機構主催の教員研修『Computer Programme 1』の続編であり、15名のタイ人教員が受講しました。ティーチングアシスタントとして、学生2名(熊本高専5年 制御情報システム工学科の鍬田雅輝君及び大浦稜平君)も参加し、研修補助を行いました。
 研修ではプログラミング言語「Python」を使った計算処理やWEBカメラを使用した画像処理の教授を行い、タイの教員達は皆真剣に藤本教授の言葉に耳を傾けていました。
 高専機構では、今後さらにタイ側関係者と協力して支援業務を行い、その技術教育の高度化を支援していく予定です。



熊本高専 藤本教授による授業(英語で実施)



熊本高専 学生の大浦君による
ティーチングアシスト

熊本高専 学生の鍬田君による
ティーチングアシスト


.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る