• ホーム
  • 中学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・一般の方へ

情報

留学生・国際交流


韓国教育行政官訪問団が東京高専を訪問

 2018年2月28日(水)、韓国教育行政官訪問団6名が東京高専を訪問しました。
 今回の訪問は、文部科学省において毎年実施されている韓国教育部との「日韓行政官交流」事業の一環として行われました。これは韓国側からの「高専における就職支援や産学連携の取り組みについて伺いたい」との要望を受け実現したものです。

 当日は、高専機構本部事務局より高専の概要説明、および高専教育の特長の紹介を行いました。また新保東京高専校長による東京高専に関する概要についても説明がありました。韓国側からは、就職率、進学率、入学試験、産官学連携、インターンシップ、留学生受け入れ、経営(運営)等多岐に渡る質問が出され、活発な意見交換が行われました。

 校内視察では、ロボット工学研究室にて、移動ロボットのデモンストレーションを見学、社会実装教育との関連等活発な質疑応答がなされました。また、ものづくり教育センター視察の際には、「設備投資額は高額と思われるが、充実したセンターである。」と驚きの声が上がり、終始和やかな雰囲気で視察が行われました。






杉本国際企画室長による
高専概要説明

校内視察
ロボット工学研究室





校内視察
ものづくり教育センター

来訪者全員写真


.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る