• ホーム
  • 中学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・一般の方へ

情報

留学生・国際交流


     ベトナムホーチミン工業大学が茨城高専と東京高専を訪問

 2017年10月3日(火)、6日(金)と、ベトナムホーチミン工業大学より副学長のMr. Duc Minh Nguyen団長以下総勢25名が、茨城高専ならびに東京高専を訪問しました。
 同大学と高専機構は、4年前よりベトナムにおける重化学工業人材育成に係る国際協力機構(JICA)のプロジェクトを支援しています。今回の訪問は、重化学工業以外の分野・学科でも高専型教育を導入し、同大学の教育レベルを更に向上させるべく、日本で成功している高専教育の理解をより深めることが目的でした。今回は茨城高専、東京高専のほか民間企業も視察しています。
 茨城高専の訪問では、冒頭、本年度新規に作成したベトナム語版高専教育の特長紹介ビデオからの上映、ならびにベトナム語版高専リーフレットを配布し、高専教育について理解を深めていただき、また、喜多校長より歓迎の挨拶、蓬莱電子情報工学科教授より概要説明を行い、校内視察を実施しました。就職支援センターでは求人・企業情報について、学生が資料を閲覧しやすいよう丁寧に整理整頓され、わかりやすく展示されている点に注目されていました。
 東京高専の訪問では、新保校長から東京高専の概要説明を受けた後、校内視察を実施しました。特に、ものづくり教育センターとロボット研究室の成果発表に大変興味を示されていました。また、質疑応答では、卒業後の学生の進路や産業界との連携等について、積極的な質問を受けました。最後に、両者の協力関係を今後も継続していくことを確認し合い、訪問を完了しました。





蓬莱教授による高専概要説明(茨城高専)



ロボット工学研究室の視察(東京高専)

ものづくり教育センターの視察(東京高専)


.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る