• ホーム
  • 中学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・一般の方へ

情報

留学生・国際交流


   ベトナムホーチミン市労働傷病兵社会局が東京高専を訪問

 2017年9月21日(木)、ホーチミン市・労働傷病兵社会局副局長ら10名が東京高専を訪問しました。

 現在ホーチミン市では、職業訓練校へ進学する学生数の増員はもちろんのこと、職業教育(訓練)に携わる教員養成及び教育の高度化に力を入れて取り組んでいます。今回の訪問は、その取り組みの一環として日本の高専を学び、今後ホーチミン市が所管する学校の高度化に役立てたいというものでした。

 当日は、ベトナム語版高専教育の特長を紹介するビデオを上映し、高専機構より高専の概要を説明しました。また東京高専新保校長による東京高専に関する説明も行いました。

 校内視察の際には、現在ベトナムから私費留学している学生(5年生)の研究室を訪れ、意見交換をする時間が設けられ、また留学生らによるロボット操作のデモンストレーションも披露されました。一行からは、具体的かつ多岐に渡る質問が飛び出し、終始和やかな雰囲気で視察が行われました。






新保校長の東京高専説明

校内視察
ものづくり教育センター





来訪者全員写真

校内視察
ベトナム留学生の研究室


.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る